成人病予防のためのジョギングプログラム

ジョギング中の女性心臓病や脳卒中はかつて成人病と呼ばれ、今では生活習慣病と言われるようになりました。というのも塩分の高い食事や油分の多い食事、喫煙習慣、運動不足など日々の生活習慣の影響により血管は老朽化し、高血圧になり心臓や脳に悪影響を与えるようになったからです。そのため成人病の予備軍を抜け出すためには日々の生活習慣を見直すことが必要なのです。まずは食生活において塩分や油分を控えめに、バランスの良い食事を心掛けることが重要です。次に運動習慣ですが、ジョギングが有効な方法の1つと言えます。

同じ運動の1つとしてウォーキングがあります。身体に負担がかかりにくい運動方法ではありますが、脂肪を燃焼させるためや健康のためにはある程度の時間が必要になるので、時間がある人にとっては有効だと言えます。しかし会社勤めの忙しい人にとっては時間を割いてまでウォーキングが難しい場合もあります。そんな時間が少ない人の為にジョギングは有効なのです。ジョギングは短時間で心拍数が上昇するのでカロリー消費が良く、脂肪燃焼に繋がります。脂肪が燃焼されれば中性脂肪や総コレステロールの減少につながります。

成人病の予防プログラムとして早朝にジョギングをしたり、駅やバス停まで歩いていたのをジョギングに変えても良いでしょう。また会社前に走ることに抵抗がある人は、会社帰りの道をジョギングしても良いでしょう。走ることが習慣化していない時は、走ることに対して抵抗がある人もいると思います。そのため、最初から長い距離を走ろうとするのではなく、短い距離で始め無理のない距離から走りましょう。走ることに慣れたら、少しずつ距離を伸ばしていくと無理なく出来るでしょう。身近な生活習慣の見直しから成人病の予防に繋がります。